ユーキャンの医療事務通信講座【一括払い】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【送料無料】U-CANの社労士速習レッスン(2013年版) [ ユーキャン社労士試験研究会 ]
稼げる資格と稼げない資格、定年後は資格で勝負サイトトップ >検定 >>カラーコーディネーターに向く仕事とは?

カラーコーディネーターに向く仕事とは?

色に関するスペシャリストのことをカラーコーディネーターという総称で呼ぶことがありますが、色彩検定は国家試験のようなライセンスではありません。 しかし、色に関する知識や技能を社会的に評価する尺度として確実に社会的な認知また、カラーコーディネーターとしての仕事も増えています。


ファッション、テキスタイルデザインなどは無論のこと室内装飾やインテリアデザインなどの仕事には欠かせぬ資格かもしれません。
カラーコーディネーターの資格と実務とは少々違う場合もありますが。。。持っていて損のない資格です。



色一つで新商品が売れるか?売らないか?という場合も多々あります。
企業の商品開発などにもカラーコーディネーターとしての知識が必要とされ、ますます人気の高い資格かもしれません。またカラーコーディネーターとしての仕事の範囲も広範囲に及んできました。



色彩心理学また色のもつ感情などなど、カラーコーディネーターとして説明できるでしょう。

色彩によって同じ物体が重く感じたり、また疲労度も違ってきます。
同じ空間でありながら広く感じたり、また、色によって寒くも、暖かくも感じるなど色彩の力はすごいですね。
仕事で「色」を扱う。。おもしろいですね。


都市計画においてもうまく色彩を取り入れています。たとえば大阪の地下鉄などでも初めての人はなかなか覚えにくいものですが、「御堂筋線に乗りたい。」と思えば案内板の「赤色」を辿っていけば御堂筋の電車に乗ることができます。
御堂筋を走る電車にも赤のラインが入っている。
ちょっと気を付けてみるといたるところに色彩を取り入れ利用されいます。


カラーコーディネーターとして色彩学の基本から学んでみるのもいいかもしれませんね。
ファッションセンスを磨く上でも、友人よりちょっとセンス良く洋服を着るために、また、また運よく色彩関連に関した仕事につけるかもしれません。

関連ワード: 転職 ユーキャン 取得 講座 資料 請求 ビジネス 王道 ナビ ランキング


色彩検定




【送料無料】U-CANの社労士速習レッスン(2013年版) [ ユーキャン社労士試験研究会 ]
  • コメント : -
  • トラックバック : -
外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。